フォト
無料ブログはココログ

« 勝てそうなのに負ける日々 | トップページ | 阪神にめった打ち »

2011年6月 7日 (火)

郵便会社へのクレーム

一人暮らしに慣れてきた、こてつです。

家事の段取りにも慣れてきて次に何をやるか頭に浮かべながらそそくさとこなしている日々です。

今日は職場でちょっとしたいざこざが。

他班での話なのですが『近所の道に自分の郵便物が落ちていて雨でぐしょぐしょになっていた、どうしてくれる』というクレームが窓口にきました。

ところがこの人、クレーマーで以前も速達が届かないと来たのですが、配達員が記憶していたのであっさりと引き下がった前歴があるのです。

今回も道に落ちていた郵便物を通行人が届けてくれたと言い張っているらしいのですが、その家はわかりずらい場所にあるアパートでドアに表札も出していなく知らない人が届けてくれるのはまずありえません。

入っていたはずの封筒はないと言いはる。

肝心の中身はエコポイントの申請用紙一式でこちらがそのクレーマーに配達するわけがない物なのです。

不自然な点が多過ぎるうえに金品をせびってきてウソ丸見え。

Img_1510802_60927103_3

こうしたクレームを付けてくる人たちって明らかに0から話を作っている人もいれば本当のことを言っている人もいます。

窓口の対応は一緒なのですが、内部では様々なクレームに応対しているのでお客さんが本当のことを言っているのか、ただのクレーマーなのかってだいたいわかるんですよね。

今回の例は時々ある程度なのですが、小さなクレームはしょっちゅう。

こちらに非がある場合もありますのでそういう場合はもちろんきちんとお詫びしますが、単なるお客さんのわがままってのも多いんです。

こういう時代ですからどうもお客さんの権利意識が高いんでしょう。

モンスター受取人。略して『モントリ』

こんな世の中ですが、僕はお客さんにご迷惑をかけないように日々気を付けて正確な配達したいと思います。

« 勝てそうなのに負ける日々 | トップページ | 阪神にめった打ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便会社へのクレーム:

« 勝てそうなのに負ける日々 | トップページ | 阪神にめった打ち »

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31