フォト
無料ブログはココログ

« 武田に白星献上 | トップページ | 俊介壊滅 »

2012年7月11日 (水)

久々に12回までの戦い

久々にまっすぐ帰ってきた、こてつです。

ファイターズとの第2ラウンド。今季初先発となる小野晋吾。しかも5日前に中継ぎで4回投げて2失点しています。これは持っても6回くらいまでかな?と思っていたらなんと8回まで無失点と素晴らしい投球を見せてくれました。

しかしながら相手の多田野も素晴らしいピッチング。両者譲らぬまま無失点で後続に託します。

マリーンズは11回表に1アウト1,2塁というチャンスをようやく作ります。ランナーは2塁岡田。外野へ緩い当たりがでれば岡田の足ならホームイン。サブローが倒れて続く角中の当たりがレフト中田の前に落ちます。

もちろん岡田はホームに突入しますが、レフト中田からストライクの素晴らしい送球がキャッチャー鶴岡へ。岡田はあえなくタッチアウト。

マリーンズ最大のチャンスをつぶしますが、岡田の足とレフト中田の肩の魅せあい。まさしくプロ野球らしい素晴らしいプレーでした。

マリーンズは9回から薮田、益田、内、大谷とつないで無失点。内がつかまり1アウト満塁とされた時にはサヨナラ負けを覚悟しましたが、稲葉をセカンドフライ。陽をセカンドライナーに打ち取ってしのぎます。

内の場面でキャッチャー里崎が3時間半ルールを意識してか時間稼ぎでマウンドに行きますが、本日の試合開始は6時1分。9時31分を回っていないと次の12回へ突入するのです。里崎の時間稼ぎ作戦はあえなく失敗してそのまま12回へ突入。

マリーンズはあっさりと3者凡退。12回裏に登板した大谷がホフパワーにあわやさよならホームランという大きな当たりを打たれますが、ポールの横をそれてくれてファール。僕はパソコンの前で固まりましたよ。

結局大谷も3者凡退で切り抜けて12回引き分けで両者痛み分けです。

勝てなかったのは残念でしたが、小野が大好投を見せてくれ負けずに済みました。小野が本当にナイスピッチングです。

明日は、俊介が登板。投げてみなければわからないピッチャーなだけに明日の試合展開が読めません・・・。

« 武田に白星献上 | トップページ | 俊介壊滅 »

野球・千葉ロッテ」カテゴリの記事

コメント

こてつさん、こんばんは!

俊介は打たれてしまいますね。
貴重なアンダースローですから、もう一度復活して欲しいです。

関西で俊介言うたら、阪神の…お方ですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070279/46292357

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に12回までの戦い:

« 武田に白星献上 | トップページ | 俊介壊滅 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30