フォト
無料ブログはココログ

« ブラッゼール獲得 | トップページ | いつ大学No1の片鱗を見せるんだ »

2013年6月23日 (日)

西野が序盤苦しみながら勝利

昨日から腰がおかしいと思っていたらギックリ気味になったこてつです。

9連戦真っ只中のマリーンズ。初戦は成瀬が飛翔体を喰らって負けましたが、今日は西野でとっておきたい試合。

序盤いきなり鈴木大地の悪送球でノーアウト2塁のピンチを招いた西野。大地の送球は3バンドくらいしてファーストまで届きましたが、ここはファースト大松が取ってあげたかった。しかし、西野はこのピンチを抑えます。

続く2回は2アウト満塁を招いて大引をフルカウントから歩かせて1失点。ファイターズに先制点を与えてしまいます。

球数が多くて心配な西野。これでは5回までも投げらないんじゃない?なんて見ていましたが、その後は修正して7回1失点でまとめてくれました。伊東監督からテンポよく投げるようにアドバイスをもらったのが効いたようです。

一方打線は4回にノーアウト1塁のランナー今江が謎の盗塁死。どうやら今江かバッターの大松がヒットエンドランのサインを見落としたようです。4回はヒット3本が出ますがこの痛いミスもあって無得点。

チャンスは6回。今江がランナーで出ると大松が右中間をやぶるタイムリー。ちなみに今江は走っていました。荻野が送って、続く鈴木大地がセンターへ犠牲フライ。センター前に落ちるタイムリーかと思いきやセンター陽がダイビングキャッチ。しかし、大松がホームに返って勝ち越します。

結局、マリーンズの得点はこの回の2得点だけですが、西野、ロサ、益田のリレーでファイターズ打線を1失点に抑えて勝ちました。

益田は、2連続ヒットでピンチを招きますが、小谷野の送りバントを大松が猛チャージで3塁フォースアウトにしたプレーが大きかったです。

益田は、劇場型になってきましたね。今年1年間は仕方がありませんが来年は先発へ転向させてあげないと確実に疲労で壊れそうです。代わりに抑えがいればの話ですけど、ソフトバンクの摂津も3年目から先発に回して成功していますから、そうなるといいのですが。

明日は、藤岡と武田。

いい加減に藤岡も大物ルーキーで入団した期待に応えてもらいたいものです。

« ブラッゼール獲得 | トップページ | いつ大学No1の片鱗を見せるんだ »

野球・千葉ロッテ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070279/52153961

この記事へのトラックバック一覧です: 西野が序盤苦しみながら勝利:

« ブラッゼール獲得 | トップページ | いつ大学No1の片鱗を見せるんだ »

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31